PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

Gefallener Engel

テューテの紹介や買い付けエピソード、
ドイツについてのあれこれなど
<< ニシキウツギの花 | main | Maracuja?? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    モウズイカ
    0
      先日空き地で、すっと背が高く、ひときわ目立つ植物が目に入ってきました。
      双子葉植物のゴマノハグサ科の属の1つ、モウズイカ属の「ビロードモウズイカ」です。

       
      この「モウズイカ」以前こちらのブログにも登場したことがあり、名前を忘れずにいることができました。
       ⇒「風邪薬代わり
       
       
      ドイツ語では、Wollblume(毛花)とかKönigskerze(王の蝋燭)という名で( カッコ内は無理やり訳です)、
      この他にもいろいろな呼び名があるようです。
      Wollblume, Fackelkraut, Brennkraut, Marienkerze, Wundblume, Himmelsbrand, Wetterkerze, Unholdkerze, Wollkraut, Bettlerdecke, Fackelblume, Himmelkerze, Frauenkerze, Johanniskerze, Marienkerze, Kerzenkraut, Schafschwanz, Wetterkraut, Windblume, Wollblume, Wollkraut
       
      漢字では、天鵞絨毛蕊花です。ニワタバコ(庭煙草)という別名もあります。
      英語名はマーレイン。
       
      この植物、かつては王位のシンボルであったこともあったようです。
      聖母マリアの植物として位置づけられてもいたようで、この植物を手にしているマリア様の絵画などもあるそうです。
      (
      探しましたが見つけられませんでした)
      一方では、魔術と結び付けられたり、悪霊や呪いを払うために利用されたこともあるようです。
       
      花や葉には、フラボノイド(筋肉のこわばりを和らげる成分)、サポニン(咳を抑える成分)、植物粘液質(粘膜を潤す成分)、イリドイド、配糖体などの有効成分が含まれていて、
      効能としては痙攣鎮静、利尿、発汗、血液浄化、去痰、咳軽減、皮膚炎などの鎮静作用があげられます。
      風邪やインフルエンザ、ぜんそく、気管支炎、慢性の咳、呼吸困難などの症状を緩和させたい時、また、腹痛や下痢の症状も抑えたいときなど、消化器系が不調な時に服用するとよいそうです。

      風邪用のお茶にも入っているのというのがなるほどうなずけます。

      ドイツでは、単独でハーブティとしても飲まれることもあります。
      (ドイツの小児科などでは、子供たちの咳止めとして活用されているという話も)
       
       
       
      植物の毛は昔ランプの芯として用いられたこともあったり、
      意外にきれいな花はドライフラワーにもなります。
       
       
      花言葉は気立ての良さだとか。

       
      空き地に自生していることもありますので、見つけられたら「これか!」と思ってくださると嬉しいです。


      『Heilkraft aus Heilpflanzen』より
      | 植物 | 16:33 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 16:33 | - | - |









        PR
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        RECOMMEND
        OTHERS