PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

Gefallener Engel

テューテの紹介や買い付けエピソード、
ドイツについてのあれこれなど
<< 新年度 | main | Magnolie/木蓮 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    鐘の街 アポルダ/Apolda
    0
      Glockenstadt Apolda
      4号線
      鐘の街 アポルダ

      Apolda

      Apolda

      アポルダは、ヴァイマールWeimarとイエナJanaの間に位置する小さな250年以上の鐘鋳造の歴史を持つ街です。

      鐘の左右に描かれている建物は、ルター教会と塔のある市庁舎です。

      アポルダの街のHPによると、
      グロッケンシュピール(鐘の音が奏でるメロディー)を楽しめる場所は、
      1.シュタットハウスと呼ばれる建物
      毎日9:55 11:55 16:55 に2曲ずつ

      Apolda


      2.グロッケンシュピール博物館
      8つの鐘が奏でるメロディーを楽しめます。
      実際にたたいて音も出させてもらえます。

      Apolda

      3.ルター協会
      7つの鐘を実際にたたくこともでき、低音の深みも味わえます。

      4.Glockenspiel im Glocken¬hof-center
      アポルダ北にあるグロッケンホフセンターで、13音階の鐘の音を聞くことができます。
      鐘の大きさは19〜27cmの、重さは10〜21kg。
      毎時に流れるメロディーは、40種類のレパートリーがあります。


      Apolda
      昔の鐘鋳造所

      | アウトバーンの看板 | 09:46 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 09:46 | - | - |









        PR
        SEARCH THIS SITE.
        MOBILE
        qrcode
        RECOMMEND
        OTHERS