PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

Gefallener Engel

テューテの紹介や買い付けエピソード、
ドイツについてのあれこれなど
<< マンホール Magdeburg | main | 新商品 掲載のお知らせ >>
「ブルーモーリシャス」のバッグ
0
    こちらは、世界一有名な切手とも言われる「ブルーモーリシャス」をモチーフにしたバッグです。D-347

    モーリシャスはアフリカ大陸の南東に浮かぶ小さな島です。ここは16世紀初頭にポルトガルによって発見されてから、オランダ・ドイツ・フランスの支配を経て1814年にイギリス領となりました。

    このデザインの元となった切手は、1847年に発行されたもので、描かれているのはビクトリア女王の肖像です。赤色の1ペンス切手と青色の2ペンス切手が同時発行されました。発行されたのは500枚程度、現在までに発見されている本物と確認されているのは、赤のものが使用済12枚、未使用2枚。青のものだと使用済みのものが8枚、未使用のものが4枚。合計26枚とのことで、1枚推定1億円の値がつけられているとのこと。

    Mauritus赤青

    この「ブルーモーリシャス」に関しては『世界最高額の切手「ブルー・モーリシャス」を探せ!コレクターが追い求める「幻の切手」の数奇な運命』という本も出版されているようです。

    切手自体にはとても手が出せませんが、こちらのバッグは是非どうぞ!
    素材は麻、持ち手がより紐タイプ、マチ付きの変り種バッグです。
    2月7日から販売開始する予定です。
    よろしくお願い致します。
    | お知らせなど | 17:45 | comments(2) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 17:45 | - | - |
      バッグは切手収集家をターゲットにしたものでしょうか。
      デザインとして切手の左中央に切れ込みを入れた狙いはわかるのですが、切手収集家は不完全品を避ける習性がありますから :-)
      | yellow banco | 2010/10/22 7:13 AM |

      コメントいただき、ありがとうございます!

      こちらのバッグは、ドイツの逓信博物館に展示されているこの切手を忠実に?!再現したものらしいです。
      実際にボルドーのワイン商に宛てて書かれた手紙に使われた切手のようです。
      (使用済みの切手ということですね・・)

      この切手についての博物館のサイトはこちらです。
      http://www.museumsstiftung.de/index.php?id=424
      | ショップより | 2010/10/22 11:45 AM |










      PR
      SEARCH THIS SITE.
      MOBILE
      qrcode
      RECOMMEND
      OTHERS