スーパーPlusのテューテ

  • 2020.02.20 Thursday
  • 11:13

ドイツに約3,000店舗あったスーパー、Plus、プルス。

Plima Leben und Saren の略で、「素敵な生活と節約」という意味のドイツ語の頭文字でした。

2010年にこのスーパーなくなってしまい、NettoやEDEKAというスーパーに引き継がれました。

 

このスーパーのテューテ、けっこう人気がありました。

ちょっと厚手で、強度より強めといった感じで使い勝手がとてもよかったです。

 

デザインも、店舗によって、時期によって、いくつか種類がありましたが、

見れば、どれも「あ、これはPlusのだ」と分かります。

 

 

表にも裏にもプリントがあります。


描かれている数字も愛らしく、とても印象的でした。

コストパフォーマンスもよいスーパーで、数字はそれを表していたのだと思います。

(私がテューテを入手して使っていたころは、ドイツの通貨単位はマルクでした。数字を見ていると、これはユーロではないんだよなぁ、なんて暫し昔に思いを馳せてしまったり…)

 

エコのシンボル、カエルとカメのデザインがプリントされたものもあります。

これは KAISER'S というスーパーのテューテにも使われている共通のモチーフ。
カエルとカメはきれいな環境の下でしか生きていけないといわれている生き物です。

 

先日、お客様とやり取りさせていただいている時に、このPlusのテューテを愛用されていたというお話を伺いました。

そういえば、私も使ってたよなぁ、いくつか種類もあったよなぁ、と

押入れをガサゴソしたり、昔の写真フォルダを覗いたり、楽しい時間を過ごせました。

 

テューテそのものの写真以外にも、この「テューテを持つ人」の写真も見つけました。

もっと探せば、このテューテを持つ人、もっと見つかるような気もします。

あればまた別の機会に…。

 

JUGEMテーマ:エコバッグ

私物のテューテ整理

  • 2019.03.14 Thursday
  • 19:07

JUGEMテーマ:エコバッグ

 

買い物に行くときだけでなく、出かけるときにはいつもテューテ、

その日の気分で選んだり、楽しく使っていますが、

数もすごく、収拾がつかなくなってきました。

 

1枚1枚検品!し、ちょっと汚れがあるものは洗う、

ほつれそうな部分があれば補修…

・・・と分けました。

 

洗ったものは、そのまま干すと乾いた時には確実にしわくちゃので、

洗濯機から出したてをそのまま即アイロン。

テューテによっては裏返しにしてアイロンがけをします。

 

水色の、ご当地テューテNeussのものをひっくり返すと…

おお!これは珍しい。

何がめずらしいかと言うと、底にも縫い目があるのです。

 

ほとんどが、1枚の長細い生地を折って両脇を縫って袋にする、というパターンです。

 

奥の2枚、生成りと茶色のがオーソドックスタイプ。

 

 

脇の縫い方も、テューテによっていろいろ。

端ミシンがきっちりされているものもあれば、切りっぱなしのものもあります。

 

持ち手はほぼ、バッテンのクロス縫いのため非常に丈夫です。

 

今回整理していると、こんなものもありました。

 

かなりヘビーに使いこんだので、持ち手がボロボロ。

でも縫い付けている部分はしっかりしたままです。

 

代わりのテューテはいくらでもあるのですが、捨てられず…。

持ち手を付け替えて、テューテ本体がだめになるまで使ってみようかな、と考えています。

 

 

はちみつの日

  • 2015.08.03 Monday
  • 14:36
JUGEMテーマ:エコバッグ
今日は8月3日、ハチミツの日ということで、
ハチ関連のテューテをご紹介します。


こちらは、ハチミツ売りの屋台で入手したものです。
ハチがたくさん描かれた絵柄をよく見ると



1匹だけ王冠をかぶった女王鉢がいます。

以前にも、クリスマスマーケットで入手したハチミツやさんのテューテを
ご紹介したことがあります。
ハチミツやさんのテューテ

ドイツではちみつやさんを見かけたら、「テューテありますか?」と聞いてみるのを忘れないようにしなくては。。

 

懐かしテューテ

  • 2015.05.13 Wednesday
  • 21:48
JUGEMテーマ:エコバッグ
先日、いなかの親戚の家を訪ねてきました。
急に行ったので留守でしたが、障子が開いていて部屋の中がちょっと見えました。
窓際にはなんと・・・。


2006年に、ドイツワールドカップへ行った際にお土産に買ってきた
Leibzigライプツィヒの、トーマス教会のエコバッグが置いてあるではないですか。。。


懐かしい友人に会ったような、あたたかい気持ちになりました。
このテューテの存在を久しぶりに思い出しました。


確か、自分用にも色違いのものを買ってきたはず…と探しましたが見つからず。
写真だけは探し出すことができました。

こちらのテューテは、産業編集センターから出ている『エコバッグ・ブック』の
86ページにも掲載させていただいています。


トーマス教会は、作曲家ヨハン・セバスチャン・バッハゆかりの場所です。
教会の中にはバッハのお墓があります。



教会の外にあるバッハの像。


特別礼拝やコンサートなどがある場合はのぞき、
毎日9:00〜18:00に拝観できます。
Thomaskirchhof 18, 04109 Leipzig
 

Oettingerビール

  • 2014.02.14 Friday
  • 15:34
先日買い物に出かけると、酒屋さんの前にドイツビール宣伝ののぼりが立っていました。
なんか見たことがあるような、懐かしい感じが・・・。
よく見てみると、ショップでも取り扱いのある、Oettingerビールでした。

テューテを販売していながら、実際にこのビールを飲んだことがなかったので
気になってはいたのですが、まさか日本で出会えるとは。

早速3種類、買ってきました。
Oettinger

まだ飲んでいないので、味の報告はまだ後ほど・・・。

ご参考までに、テューテはこちらです。
Oettingerテューテ

ロゴマークでもある、ビールのラベルがプリントされた、すっきりクールなデザインです。

エッティンゲンは、バイエルン州に属する小さな街。
かつて巨大な隕石が落ちてできた、リース盆地の北の縁に位置します。
Oettingen


いつか実際に行って、この地でこのビールを飲んでみたいものです。



私事ながら、今日は誕生日なので、このドイツビールで乾杯したいと思いますビール

スーパーKAISER'Sのテューテ

  • 2012.12.03 Monday
  • 00:51
ドイツ国内に550店舗ほどもある、スーパーKAISER'S。
ベルリンで、ここのテューテを持っている人をたくさん見かけたので
こちらでご紹介します。

その前に・・・
以前はこういったデザインでした。
旧KAISER'Sテューテ

きれいな虹色の円の中に、きれいな環境でしか生きられないという、カメとカエルが描かれた、ドイツのエコバッグといえば、真っ先に思い浮かぶと言ってもいいくらい、有名なテューテの1つです。


現在は、デザインが新しくなっています。
新KAISER'Sテューテ

両面プリントで、別デザインになっています。

片面には、カラフルな色合いになったロゴが大きく描かれ、かなり目立ちます。
従来の、あのカメとカエルも小さい姿で残っています。

ロゴの変遷はこちら
KAISER'Sロゴの変遷
KAISER'Sサイトからの写真です。

もう片面には、大きな文字。
Natürlich kauf ich bei +下の赤い部分のKAISER'S と合わさって
もちろん買い物はカイザースで、と書かれています。
こちらの面もけっこう目立ちます。

ベルリンで見かけた、「KAISER'Sテューテを持つ人」です。
持ってる人は、重複しています。
KAISER'Sテューテを持つ人

KAISER'Sテューテを持つ人

KAISER'Sテューテを持つ人

KAISER'Sテューテを持つ人

12月10日にこちらのテューテ、販売開始します。

どうぞよろしくお願いします。

追記:
商品ページはこちらです。
KAISER'S

雨の日にはビニールバッグ

  • 2009.11.11 Wednesday
  • 23:48
今日は、朝からけっこうな雨。
こんな日は、いつもの木綿のテューテではなく、ビニール製のバッグをよく使います。
今日の私のチョイスは、こちらです。ビニールバッグ Jägermeister
オレンジが鮮やかな、イェーガーマイスターのもの。

イェーガーマイスターとは、世界各地から厳選した56種類の薬草から作られているドイツ産リキュールです。イェーガーマイスター
家にも0.04ℓ入りのボトルがありますが、なかなか飲む機会がありません。

とはいいつつ、実はつい先日飲む機会がありました。
ドイツの友人を訪ねた時、知り合いのお誕生日パーティがあるとのことで、参加させてもらった時です。
ビュッフェ式の料理を食べた後、「食後にいかが?消化がいいから」と小さなグラスに注いでもらい、みんなで一気飲みしました。アルコール度数は35%(>_<)。味はというと・・・、薬草のようで、何だか甘い感じで、いかにも効きそうな味でした。
(そのパーティがあった日の日記は →こちら
みんな、口々に「胃にいいのよ・・・」といっていたのが印象的です。

イェーガーマイスター Jägermeister とは 
Jäger=猟師 Meister=マイスター、親方、名人 の意味です。

ビニール製のバッグたちは、素材違い(木綿以外)カテゴリーで販売しています。

花火

  • 2009.08.01 Saturday
  • 23:37
8月ですね。
今日は土曜日で、花火大会が開かれたところも多かったようですね。
家のベランダからも、見ることが出来ました。
花火

ドイツ語で、花火は das Feuerwerkです。
夏だけでなく、新しい年明けにも花火が打ち上げられたりすることもあります。

花火がデザインされたテューテはなかったかな・・と思い、と探してみたら見つかりました。
世界で一番大きいワイン祭り ―ソーセージ祭り―のテューテです。
毎年Bad Dürkheimという街で開かれ、今年2009年は
9月の11〜15日、18〜21日に開催されます。
バートデュルクハイム

後ほど、改めてショップの「お知らせ」欄でもお知らせする予定ですが、9月にドイツに行ってくる事にしました。
ここのワイン祭りにもできればよりたいな、と考えています。
こういうテューテが欲しい・・・などのご要望がありましたら、ぜひ御連絡くださいね。

ドイツ語講座に・・・

  • 2009.06.21 Sunday
  • 00:12
先日、ドイツ語講座を見ていたら、ベルリンをレポートしている女性が
かわいらしいテューテを持って、蚤の市巡りをしていました。
その時のテューテのイメージはこんな感じです。

テューテ 向日葵柄

青の色も鮮やかで、一輪描かれた向日葵の花がいいアクセントになっていて、。
とてもかわいいテューテだな〜、とそればかり気になって見ていました(*^^)

ひまわりはドイツ語ではSonnenblumen-太陽の花です。
花言葉は「陽気」「誇り」「あなたには似合わないかな」などなど…。
日本では「光輝」「熱愛」「あこがれ」「 愛慕」など・・・。

日独花言葉比較も研究テーマとしておもしろいかもしれませんねおはな

春らしいテューテ

  • 2009.03.09 Monday
  • 17:29
3月に入り、沈丁花の香りをふと感じたり、ミモザのきれいな黄色の花を見かけたり、と、だんだん春らしくなってきましたね。
市民農園を借りているのですが、その畑に生えてきている雑草の様子を見るだけでも、春が近づいていることに気づかされます。

キューケンホフ
このテューテは、シワシワさからご察しいただけるように、けっこう使い込んでいます。毎年この時季に衣装ケースから出され、使われる1枚です。
オランダのキューケンホフ(チューリップ公園)で手に入れたもの。色違いの5つのチューリップが見えない丸枠に納まっていて、かわいいですよね。
Lisseというのはこの公園のある町の名前です。

オランダ政府観光局のサイトによると
「キューケンホフ」とはオランダ語で、「台所の庭」:キューケン=台所・ホフ=庭という意味。
キューケンホフ公園の敷地は15世紀のころ、森とまっさらな砂丘で覆われていました。当時の人々は狩りをしたり、公園の名前の由来となったお城の台所のためにハーブ摘みに勤しんだりしていました。1857年頃、ゾッハーというランドスケープ・デザイナーが庭園の設計を任され、現在のキューケンホフ公園の原型を作りました。
とのことです。

今年はもう間もなく、3月19日から開園予定です。
入場料は大人 13.50ユーロ、小人 (4-11歳) 6.50ユーロ。
アムステルダムのスキポール空港から直通バスで約20分という、行きやすい所にあります。
園内は、あちこちが絵葉書のようで、色とりどりのお花たちに心癒されます。植物
どこでもドアがあったら、すぐにでも行きたいところの1つです。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM