PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

Gefallener Engel

テューテの紹介や買い付けエピソード、
ドイツについてのあれこれなど
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    ひどい暑さ
    0

      暑い日々が続いていますね。

      よい夏をお過ごしでしょうか。

      このたびの、平成30年7月豪雨で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

       

      ドイツでも30度を超える暑い日々が続いているようです。

      スイスでも暑さ厳しく、植物への毎日の水やりが欠かせないと友人が言っていました。

      湿気がない分、日本の夏よりは過ごしやすいかな…とは思いますが

      乾燥しすぎ、というのも大変ですね。

       

      ひどい暑さ、というのを表す単語に[Affenhitze]という単語があります。

      [Affe]は「サル」なのでサル暑い、と訳することもできそうですが…。

      このaffe、名詞や形容詞の頭につくと、ひどいとかすごい、という意味が加わるようです。

       

      例えば、「若い」を表す[jung]につけた[affenjung]、ひどく若い、とか青二才、といった意味に、

      他にも「大騒ぎ」を意味する[Spektakel]につけると、大騒動、とかひどい混雑、

      「速度」を表す[Tempo]につくと、すごいスピード[Affentempo]といった意味になります。

       

      ブタ[Schwein]とコラボすると、すごい幸せ[Affenschwein]を意味するようになります。

      (ブタは、ヨーロッパでは幸運の象徴です)

       

      意味の付加、という話からずれますが、

      Affeを使った表現におもしろいものがあるので少し。

      「酔い」という意味もあるようで、

      einen Affen haben(サルを持つ)で、「ひどく酔っている」

      mit Affen nach Hause kommen(サルと家に帰る)で、「酒に酔って帰宅する」 となります。

       


      (写真は、スイス・バーデンにある家の壁)

       

      よい夏をお過ごしください。
      | ドイツ語 | 13:11 | comments(0) | - |
      壁掛けに書かれた言葉
      0
        現在販売している、ドイツ語の書かれた木のプレート、
        直訳を無理やりしてみても、なんだか意味がさっぱり???といったものも
        正直言ってあります。(ごめんなさい)

        そのうちの1つが、

        ALLE...
        ALLE SCHöNEN DINGE
          DES LEBENS SIND:
         TEUER
         UNMORALISCH
         ODER SIE MACHT FETT
        」です。

        この世で最も素敵なことは
        高くて背徳で太ってしまう、というのが直訳です。

        TEUER と UNMORALISCH と ODER SIE MACHT FETTという3つの言葉が並立の関係にあります。
        最初の2つが形容詞で、最後が文章にもなる語句なので
        文法的にもちょっとまどってしまいました。

        意訳すると、
        お金がかかり(楽しくて)、背徳であり(魅力的で)、
        そして太ること(おいしいものを食べること)だとなり、
        素敵だと思われる物事にも、ネガティブな面があるのだ、ということになるようです。
        Der Spruch soll aufzeigen, dass die angeblich schönsten Dinge im Leben leider immer mit einem dieser drei Nachteile behaftet sind.


        ドイツの人があげてくれた例では、
        お金がかかるもの tolle Autos かっこいい車
        背徳 Seitensprünge 浮気
        太るもの Sahnetorte ザーネトルテ(クリームいっぱいのケーキ)
        などがありました。

        Sahnetorte
        | ドイツ語 | 10:50 | comments(0) | - |
        累乗の表現の仕方
        0
          先ほど、ちょっとテレビを点けたら、驚異の計算能力の持ち主というドイツの方が出ていました。
          数字が形やイメージで感じられるという共感覚を持っている方でした。

          数字の累乗を計算していましたが、その「〜乗」の表現は
          hochというのだと知りました。
          ドイツ語に触れてから、もうけっこう長い時間がたっていますが、
          こういう表現を知る機会もなかなかなく、テレビを点けてみてよかったな、と思いました。

          表現の仕方ですが、「2の3乗」なら、「zwei hoch drei」です。
          数学では、2の右肩に小さく3を書いて表されますよね、2の上の方に3を書くので、高いとか上の方とかを意味するhochが使われるのかな、
          などと推測しました。
          見当違いでしたら、申し訳ありません。

          演算関連では
          2足す3 は、 2 plus 3
          2引く3 は、 2 minus 3

          2掛ける3 は、2 mal 3
          2割る3 は、 2 durch 3 という言い方です。

          zahl
          | ドイツ語 | 23:27 | comments(0) | - |
          上流階級?
          0
            最近、メールのやり取りをするようになった人がいるのですが、
            その人が、メールの中で急に出してきた話題が

            Was ich nun noch nicht begreife, die Chefs vom Kraftwerk verbeugten sich so im Fernsehen und redeten, es ist garnicht so schlimm!!!! Hinterher kam aber immer wieder eine neue Meldung, die Strahlen usw. sind viel höher und der Schaden. Lügen die oberen Zehntausend bei Ihnen auch so wie hier????

            といったもの。

            理解できないことがあるんだけど、で始まった話題、
            具体的な名前は出てきていませんが
            Kraftwerk(発電所)とあるので、ああ、東電のことか、と分かりました。

            内容は、
            テレビで、発電所の社長が頭を下げ、そんなにひどい状況ではないといってたのを見たけど、その後のニュースでは、放射能とか数値も高いし被害も大きいという内容ばかり。
            こっちと同じで、そちら(日本)でも上流階級はうそばっかりなの?
            です。

            この中に出てくるdie oberen Zehntausend という単語が、「上流階級」を意味する言葉です。
            zehntausendは、普通に数字の1万という意味ですが、ober(上の方の、上部の)という形容詞の変化形obere が付くことで、上層の10,000人→上流階級という意味になっているようです。
            簡単な単語で表現できるのだな〜、と改めて思いました。
            反意語はどうなるのかも、気になるところです。


            「原子力発電所」は、Atomkraftwerk, Kernkraftwerk,
            「原子炉」は、Atommeilerといいます。
            | ドイツ語 | 23:53 | comments(0) | - |
            「酸っぱいリンゴをかじる」
            0
              星占いに次のような表現がありました。
              「 Beißen Sie in den sauren Apfel, und treffen Sie eine Entscheidung.」
              直訳は、酸っぱいリンゴをガブリとかじりなさい、そして、決断を下しなさい、です。

              酸っぱいを意味するsauerには、つらい、嫌な、困難なといった意味があり、
              ここではこちらの意味になります。

              in den sauren Apfel beißen müssen で、「嫌なことをせざるを得ない」といった意味になると、辞書には載っています。

              この占いのいいたいことは、
              (決めるのには、辛いこともあるかもしれないけど)敢えて決断しなさい、ということになるようです。
              Kann man einfach so machen?

              | ドイツ語 | 12:58 | comments(0) | - |
              星占い
              0
                ドイツ語で星占いは「die Astrologie」 または「das Horoskop」です。
                ドイツのメルマガで、毎日の星占いが届くものがあるので、登録しているのですが、
                (時差の関係で届くのはその日の9時ごろです)
                自分では思いも付かない表現があったりするので、ちょっと勉強になったりもします。
                (と言っても、知らない単語はそのまま流し読みなのできちんとした勉強にはなっていないです(>_<))

                今日、気に留まったのは、遠くに思いを馳せるという表現です。
                星占いによると、今日は瞑想したりして休養するのにいい日らしく、
                遠くに思いを馳せるのには、川面の静かなちょっとした場所(ベンチとか)や、広い荒野でゆっくりとするのがいいみたいです。

                原文は
                Gönnen Sie sich heute Zeit für Erholung und Meditation. Ein ruhiges Plätzchen am Wasser oder ein weites offenes Feld würden Ihnen helfen, Ihren Blick in die Ferne schweifen zu lassen.
                です。
                静かだったり、視界をさえぎるものがない広い場所というのはなかなか難しいですが、そういった場所にいる自分を想像するだけでも、癒しになるような気がしました。

                このドイツ語星占いにご興味のある方は→http://www.astrocenter.deです。
                右上の[Ihre Gratis Horoskope]のところで、
                女性weiblichか男性männlichを選び、ご自分の名前、誕生日(日、月、年の順に)を入力後、 Mein Gratis Horoskop per Email erhalten(無料占いをメールで受信)をチェックし、登録します。


                ドイツ語星座名をプリントしたテューテも販売中です。
                星座テューテ
                | ドイツ語 | 10:17 | comments(0) | - |
                国の名前
                0
                  ワールドカップが始まってから、10日がたちました。
                  フランスやイタリア、スペインなどいわゆる強豪国が、予想外の結果で終わる試合をしたりと、「何が起こるかわからないワールドカップ」ですね。
                  WM
                  「ワールドカップ」はドイツ語で「Weltmeisterschaft ヴェルトマイスターシャフト」、
                  Weltが世界、meisterは半ばもう日本語にもなっているマイスターですが、これに集合体などの意味を表すschaftをつけると選手権という意味になり、世界選手権という意味の単語になります。
                  略してWM(ヴェーエム)。例えば Schaut ihr oft WM?で よくワールドカップ観るの?となります。2006年の時のロゴにもWMの文字が書かれています。logo2006


                  ドイツ語でのそれぞれの国名は
                  グループA
                  Uruguay   ウルグアイ
                  Mexiko    メキシコ
                  Frankreich  フランス
                  Südafrika  南アフリカ

                  グループB
                  Argentinien アルゼンチン
                  Südkorea   韓国
                  Griechenland ギリシア
                  Nigeria   ナイジェリア

                  グループC
                  Slowenien  スロヴェニア
                  USA     アメリカ
                  England   イングランド
                  Algerien   アルジェリア

                  グループD
                  Ghana    ガーナ
                  Deutschland ドイツ 
                  Serbien   セルビア
                  Australien  オーストラリア

                  グループE
                  Niederlande オランダ
                  Japan    日本
                  Dänemark   デンマーク
                  Kamerun   カメルーン

                  グループF
                  Paraguay   パラグアイ
                  Italien   イタリア
                  Neuseeland  ニュージーランド
                  Slowakei   スロバキア

                  グループG
                  Brasilien  ブラジル
                  Portugal   ポルトガル
                  Elfenbeinküste コートジボワール
                  Nordkorea  北朝鮮

                  グループH
                  Chile    チリ
                  Schweiz   スイス
                  Honduras   ホンデュラス
                  Spanien   スペイン

                  だいたい字面を見ればどこの国か想像もつきますが、ん?これは?という国名は「Elfenbeinküste エルフェンバインキュステ 」ではないでしょうか。
                  これは、エース、ドログバ擁するコートジボワールのことです。

                  コートジボワール(Côte d'Ivoire)という国名は公用語のフランス語で象牙(の)海岸という意味そのものを表す言葉ですが、ドイツ語では象牙を意味する「Elfenbein」と海岸を意味する「Küste」がくっついて一語になっています。

                  まだグループリーグの途中ですが、ドイツも日本も予選は残りあと1試合。
                  Schade das Deutschland und Japan das 2. Spiel verloren haben, aber vielleicht schaffen wir das nächste Spiel und kommen beide eine Runde weiter. ドイツも日本も2戦目は負けちゃって残念だけど、次はやってくれるだろう、両チームとも予選突破だ〜、とドイツからメールが来ました。

                  今後の試合が楽しみですね。
                  | ドイツ語 | 15:11 | comments(0) | - |
                  神聖ローマ帝国を表す色?
                  0
                    ご当地もののテューテには、その街の紋章が書かれていることもよくあります。
                    その街ごとの紋章にもいろいろな意味があって、調べて見るのもなかなか楽しいものです。

                    輸入予定テューテに、その紋章が描かれているものがあったので、調べてみると「Heiliges Römisches Reich」という言葉が出てきました。
                    ドイツの歴史に精通している方ならなんという事もない、基本中の基本ワードなのでしょうが、しょっちゅう見かける字面でもないし、意味が分かるまでにちょっと時間を要しました。

                    とりあえず頭でそのまま訳してみると「聖なる ローマの 帝国」…となり、この記事のタイトルにもある「神聖ローマ帝国」となります。

                    頭の中で、知っている日本語の言葉にきちんと置き換わって、理解できた瞬間が自分でも面白かったです。
                    「ん?」「え〜っと…」「あ〜っ!」といった感じです。

                    ちなみに、テューテはルール工業地域にある、ある街のもの。
                    紋章の色が、黄・白・赤なのですが、この色使いは、かつて神聖ローマ帝国領(Grafschaft Mark/ニーダーライン-ヴェストファーレン帝国領)だったことを表すのだそうです。
                    Grafschaft Markの紋章はGrafschaft Mark

                    テューテに描かれている紋章はBergkamenです。
                    この六角形が6つの構図は、もともと6つの共同体だったものが1つになったことを表しているそうですが、ベンゼンの化学構造とも同じらしく、この街がかつては化学で発展した、ということも暗に示しているとのこと。
                    (ルール工業地域も、昔習ったことがありました。。)

                    テューテのデザインも、もっともと細かく調べていくと色々勉強になるのかもしれません。


                    | ドイツ語 | 02:38 | comments(0) | - |
                    ゲーテの詩 銀杏の葉
                    0
                      ゲーテは「ファウスト」「若きウェルテルの悩み」などの著書を残し、ご存知の通り
                      ドイツを代表する文豪の1人です。小説家というだけでなく、政治学・建築学・色彩学にも精通し、法律家・政治家としても活躍したマルチな人でした。
                      植物学者や詩人としての顔も持っています。
                      1819年に出た『西東詩篇 West-östlicher Diwan』という詩集の中に、
                      銀杏の葉について書かれた詩があります。

                      あの独特なイチョウの葉の形を題材に書いた詩ですが、なんともロマンチックな内容です。

                      もともと1枚だったのものが2つに分かれようとしているのか、
                      それとも2枚の別々だった葉がくっつく運命にあったのか…。(かなり意訳です)
                      いちょう
                      銀杏は、秋には黄金に色づく葉々がなんとも美しく、才能があればそんな詩を作りたくなるのでしょうね。
                      ゲーテは女性に対してもかなりの情熱家だったらしく、この詩もゲーテが60歳位の時に、好きな女性に捧げたものだとか。。

                      ドイツ語で「銀杏」はGinkgo ギンコーですが、ゲーテは硬い感じがするとkをあえてとり、
                      Gingoという単語を使ったそうです。深いですね。

                      この素敵な詩の書かれたテューテを見つけてきました!
                      銀杏の詩 テューテ

                      書かれている詩全体はこちら。


                      Gingo Biloba
                      Dieses Baums Blatt, der von Osten
                      Meinen Garten anvertraut,
                      gielt geheimen Sinn zu kosten,
                      Wie’s den Wissenden erbaut.
                      Ist es ein lebendig Wesen,
                      Das sich un sich selbst getrennt?
                      Sind es zwey, die sich erlesen,
                      Daß man sie als eines kennt?
                      Solche Fragen zu erwidern,
                      Fand ich wohl den rechten Sinn;
                      Fühlst du nicht an meinen Liedern,
                      Daß ich eins und doppelt bin?

                      Johann Wolfgang von Goethe –1815–


                      他のテューテも含め、1月20日からショップサイトでご覧いただける予定にしております。
                      どうぞよろしくお願い致します。
                      | ドイツ語 | 01:25 | comments(0) | - |
                      ドイツ統一記念日
                      0
                        去年の10月3日も同じタイトル名でしたが・・・。
                        年がばれてしまいますが、1990年のこの日、学校の自習室で朝からこっそりラジオを聴いた事を思い出します。
                        一体何を聞こうとしたのか、(ドイツの放送が入るわけもないし、当時はドイツ語は宇宙語同然でした)あまり覚えてはいませんが、統一で沸くドイツの雰囲気を少しでも感じたかったのかもしれません。
                        ベルリンの壁崩壊からこの統一に至るまでの盛り上がりによって、私の進む道が決まったといっても過言ではないかもしれません。
                        あれから19年か・・・。
                        時の進むのは本当にあっという間ですね。

                        光陰矢のごとし をドイツ語では
                        Die Zeit fliegt. ―時間は飛ぶ(飛ぶように過ぎる)といいます。
                        今回のドイツの旅で、「何でドイツ語を勉強しようと思ったの」という質問に対し、
                        進路を決定する時期の話をしたりしながら、この言葉も何回か使いました。
                        あまり難しくないし、なかなか(年をとってくると特に)使い勝手のあるフレーズです。
                        レジデンツ
                        | ドイツ語 | 01:01 | comments(0) | - |
                        PR
                        SEARCH THIS SITE.
                        MOBILE
                        qrcode
                        RECOMMEND
                        OTHERS