ハレのニャンコ

  • 2013.08.07 Wednesday
  • 00:58
久しぶりに、ドイツの街角で出会ったニャンコの記事です。

こちらはザクセン・アンハルト州のHalleハレのニャンコ。
ハレのニャンコ
人懐っこく、道路の向こうから、こっちに向かってとことこ近づいてきました。

そして、あっというまに2匹に。
ハレのニャンコ

兄弟だったのでしょうか、2匹ともよく似ていました。
性格は正反対で、1匹は人懐っこく、もう1匹は警戒心の強い子でした。

ハレのニャンコ

カメラ目線ばっちりのニャンコの背景に、車が写っていますが、
ここハレのナンバープレートは「HAL」ではじまります。

こちらは別の車のプレート。
ハレの車のナンバープレート

末尾のアルファベット2文字と数字は自分で指定できるようにもなっているそうで、
ここでは「HALLO」という文字並べになっています。
他に、「HALLE」という並びもよく見かけました。
(自動車のナンバープレートについては、又別の機会に触れたいと思います。)


ここ、ハレの街の目玉は、なんといっても
「ネブラの天文盤/スカイディスク」でしょう。
ザクセン=アンハルト州立先史博物館

先日、日本の番組でも取り上げられたので、
目にされた方もいらっしゃるかもしれません。
(お客様に教えていただき、私も再放送を見ました。Nさま、ありがとうございました!)


ここハレにある、ザクセン・アンハルト州立先史博物館で本物を見ることができます。
ネブラの天文盤

ザクセン=アンハルト州立先史博物館



こちらのテューテ、販売中です。
古代のロマンを感じられる1枚です。

ネブラのテューテ

秋以降には、現在在庫切れのピンをはじめ、いくつかこのスカイディスクの雑貨を入荷する予定です。

具体的になりましたら、又こちらでお知らせいたします。

ドイツの友人のイヌ

  • 2012.02.02 Thursday
  • 00:02
学生時代に知り合いになって、
ドイツに行くたびほぼ毎回会いに行っている友人のところのワンコ、
ジャーマンシェパードのアラスが死んでしまったと友人から連絡がありました。
とってもおりこうさんな犬で、行くたびに遊んでくれたのを懐かしく思い出しました。
   

オーストリア ドラッグストアにて

  • 2009.07.27 Monday
  • 18:40
オーストリア内に570店舗を持つ、鮮やかなピンクのロゴが印象的な
ドラッグストアBIPAで会ったワンコです。
BIPAにて逆光で、シルエットわんこ。

ワンコの隣を通り抜け、お店を出るときにもう1度振り返ると
こっちを見てくれました。
BIPA

おとなしくしていてほんとにかわいいですね。
お店の入口にこうやって(しかも店内)堂々とつなげられる環境がいろんな意味ですごいと思いました。

ベルリンのワンこ

  • 2009.01.13 Tuesday
  • 02:09
ベルリンの地下鉄の駅から階段で地上にあがってきた時、
ふと横に何かを感じ、見てみるとつながれたワンコがいました。
おとなしく座っています。
立ったままで、犬と同じ目線から写真を撮る機会なんてなかなかありませんよね。
観光中で、カメラはいつでも撮影可能な状態にしていたので、早速パチリ。
といっても、実際パチリとやるまでにちょっと時間がかかったのでしょう、
撮った写真を見ると、そのもたもたしていた一部始終を横目で見られていたような。。。犬
(写真をクリックして拡大してみていただくと横目具合がなんとなくお分かりいただけます)
ベルリンのワンコ

背景のお店、歯磨き粉が並んでいるように見えるショーウィンドーのお店は
SCHLECKERというドラッグストアです。
現在1枚、このSCHLECKERのテューテ扱っています。
          →シュレッカーのテューテはこちらです。

お店のロゴのがプリントされた面の反対側には、ドイツの環境保護団体により決められる、
「その年の木」が描かれています。
現在販売中のものには、2007年の木Waldkiefer(マツの木)が描かれています。
ちなみに2008年の木は胡桃の木(Echte Walnuss)、
      2009年の木はカエデ(Bergahorn)です。
「1989年の木」から存在するようで、いつか全部集めてみたいなと思っています。
集められなくても、見るだけは見てみたいです。
(お持ちの方がいたら見せてください!)

山陰地方のネコ

  • 2008.12.16 Tuesday
  • 12:37
たまには・・・と、今日は日本のネコの登場です。
山陰地方の港町にて。

トレーニング?
まるで腹筋のトレーニングをしているような、ユニークな体勢。

そのあと、見〜た〜な〜、とでも言うような顔をこちらに向けながら
ぴょんと逃げていってしまいました。
逃げ去る

鼻先の黒ブチがなんとも印象的な味のあるネコでした。

プラハのワンコたち

  • 2008.10.25 Saturday
  • 21:35
今年2008年の6月、プラハで会ったワンコたちです。
prag1prag2
この2犬は、繁華街から離れた川沿いの道で見かけました。
人が多いところでは、右のワンコが首から提げているような口輪をつけなくてはいけないようです。
左の子、リードがとっても鮮やかでかわいいデザインでした。

prag3
この子は、町の中心地で見かけた子です。
足に障害があるようで、募金のお姉さんと一緒に働いていました。
目がとってもきれいで、やさしい子でした。

プラハではあまりテューテは見かけませんでしたが、
ドイツから旅行来ていたおじいちゃんのことは先日テューテを持つ人で書かせていただいています。

プラハは世界各国からの観光客で大賑わいでした。
とってもきれいな街です。
pragschloss

ウィーンのワンコたち

  • 2008.10.20 Monday
  • 00:34
2008年6月、オーストリア・ウィーンにて。
ナッシュマルクトという、市場を歩いている時、
ご主人の買い物の待ちぼうけワンコたちを見かけました。
ウィーンウィーン
どちらももう慣れっこといった感じで、のんびりとリラックスしているように見えました。
左のワンコはリラックスモード全開。
右の子は、表情も色合いもなんとも絶妙。

窓際のネコたち

  • 2008.10.10 Friday
  • 22:57
旅をすると、ものすごい数の写真を撮ってしまいます。
昔のフィルムのカメラ時代は、取りたいものを吟味して撮っていたけれど、
今のこのデジタル時代「いつでも消せるし、とりあえず撮っておくか」方式に。
今年の6月のヨーロッパ旅行では1ヶ月で2,500枚も撮りました。(2006年の時は1,000枚くらい)
よっぽどのもの以外は結局消せずに、残したままです。
このとりあえず大量撮影可能時代になっての利点は、風景や人物だけでなく、
道端で出会うワンコ犬やニャンコ猫を1匹残らず撮影できること。
ここ数年で、日本国内のものも含め、かなりのワンニャン写真コレクションができあがりました。

・・・と、前置きが長くなりましたが、今日は窓際ネコたち。
まずは先日テューテを持つ人にも遭遇したボンにて。
2006Bonn
日本だとタマという名前がつけられていそうなかわいい三毛。

友人のいるZschopauという街にて。
2006Zschopau12006zschopau2
ちょっとおどおどしながらこっちを見ていました。
Zschopauのテューテ、販売中です。→こちら

最後に、Eubigheimという村にて、朝、散歩した時に見かけたもの。
ガラスの中から静かに外を眺めているネコ。
2008Eubigheimkatze

窓際という場所だけに、いつもくるくる動いているネコとは違う
ネコの静の部分を見ることができる、この撮影ポイント、
けっこう気に入っています。

そういえば先日、友人たちと出かけた東京下町散歩の際にも
窓際ネコ(2階窓際)見つけました。

オランダのワンコ

  • 2008.09.29 Monday
  • 13:54
鳥を狙うワンコ:オランダ
風車で有名なオランダのキンデルダイクで見かけたワンコです。
おとなしくてしつけもよくされているワンコでしたが、
視界にトリが入ってきたとたん、野生が目覚めたのかじっと様子を伺って、
期があれば飛び掛かっていきそうな臨戦態勢となりました。
味のあるワンコのこの後姿、なんともいえず好きです。

スイス・ベルンのにゃんこ

  • 2008.09.12 Friday
  • 20:02
スイス・ベルンにて。
坂が多い街だなー、と思いつつ散歩しているとき
フサフサのにゃんこを見かけました。
塀から飛び降りる瞬間を激写できました。
アップ
よく見ると坂の上(写真左上)にもう1匹にゃんこがいます。

飛び降りた後は、何もなかったかのようにフン!といった感じで去っていきました。
クール。
weg

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM