PR
Suche
Kalendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Recommend
Neueste Einträge
Kommentare
Kategorien
Archiv
über mich
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アツモリソウ
0
    SNSを見ていたら、これ日本の花じゃないの?という花が
    ドイツ発信の記事に出ていました。
    (写真はFüssen im Allgäuさんのもの)


    記事によると、
    場所は、チロル地方のLechtalレヒ渓谷にあるMartnauという地域。
    ドイツ国境近くのオーストリアの街・Reutteロイテにある地区に咲いているそうです。
    花の名前は「Frauenschuh」夫人の靴。
    確かに、上の写真を見ると、先の丸いかわいい靴が並んでいるようにも見えますね。
    開花時期は5月中旬から6月中旬。
    この地域は、ヨーロッパ最大の Frauenschuh 自生地域のようです。
    学名のCypripedium は Cypros(キプロス島:別名ビーナスの島/ヴィーナス誕生の地)とpedilon (サンダル)。
    英語では Ladys slippersです。


    日本では「アツモリソウ」。
    ウィキペディアによると、この名は平安末期の武将・平敦盛の背負った母衣(ほろ)に見立ててつけられているそうです。
    日本でも 「特定国内希少野生動植物種」に指定されている、めずらしい花です。

    名前が名前だけに、すっかり日本の花だと思い込んでいましたが、
    ヨーロッパにも咲いているんだ〜、と初めて知りました。







     
    続きを読む >>
    posted by: Hasensprung | 植物 | 13:08 | comments(0) | - |
    Maracuja??
    0
      ビール会社や飲料メーカーの商品ラベルをそのまま宣伝用に印刷した、おそらく促販用なのでしょうか、
      そのような商品を入荷しました。


      メーカーもいくつかあり、同一メーカーでも味や種類で何枚もあり、
      デザインは統一されているので、それぞれカラフルで並べるととってもいい感じです。
      全部で174枚!あります。

      たくさんあるので、まずは飲料メーカーのものを、と、眺めていたところ、
      知らない単語を次々発見。
      外国にいると、だいたい初期に覚えるのは、スーパーに並んでいる食品の名前、
      現物が目の前にあるし、また繰り返し目にするので記憶に残りやすいからでしょうか。

      知らなかった単語の1つがタイトルの「Maracuja」という単語です。
      マラクーヤと発音するのでしょうか。ドイツ語っぽくないな、と思いながら辞書を見てみると…載っていません。
      大きめの辞書にもありませんでした。

       
      続きを読む >>
      posted by: Hasensprung | 植物 | 22:53 | comments(0) | - |
      モウズイカ
      0
        先日空き地で、すっと背が高く、ひときわ目立つ植物が目に入ってきました。
        双子葉植物のゴマノハグサ科の属の1つ、モウズイカ属の「ビロードモウズイカ」です。

         
        この「モウズイカ」以前こちらのブログにも登場したことがあり、名前を忘れずにいることができました。
         ⇒「風邪薬代わり
         
         
        ドイツ語では、Wollblume(毛花)とかKönigskerze(王の蝋燭)という名で( カッコ内は無理やり訳です)、
        この他にもいろいろな呼び名があるようです。
        Wollblume, Fackelkraut, Brennkraut, Marienkerze, Wundblume, Himmelsbrand, Wetterkerze, Unholdkerze, Wollkraut, Bettlerdecke, Fackelblume, Himmelkerze, Frauenkerze, Johanniskerze, Marienkerze, Kerzenkraut, Schafschwanz, Wetterkraut, Windblume, Wollblume, Wollkraut
         
        漢字では、天鵞絨毛蕊花です。ニワタバコ(庭煙草)という別名もあります。
        英語名はマーレイン。
         
        この植物、かつては王位のシンボルであったこともあったようです。
        聖母マリアの植物として位置づけられてもいたようで、この植物を手にしているマリア様の絵画などもあるそうです。
        (
        探しましたが見つけられませんでした)
        一方では、魔術と結び付けられたり、悪霊や呪いを払うために利用されたこともあるようです。
         
        花や葉には、フラボノイド(筋肉のこわばりを和らげる成分)、サポニン(咳を抑える成分)、植物粘液質(粘膜を潤す成分)、イリドイド、配糖体などの有効成分が含まれていて、
        効能としては痙攣鎮静、利尿、発汗、血液浄化、去痰、咳軽減、皮膚炎などの鎮静作用があげられます。
        風邪やインフルエンザ、ぜんそく、気管支炎、慢性の咳、呼吸困難などの症状を緩和させたい時、また、腹痛や下痢の症状も抑えたいときなど、消化器系が不調な時に服用するとよいそうです。

        風邪用のお茶にも入っているのというのがなるほどうなずけます。

        ドイツでは、単独でハーブティとしても飲まれることもあります。
        (ドイツの小児科などでは、子供たちの咳止めとして活用されているという話も)
         
         
         
        植物の毛は昔ランプの芯として用いられたこともあったり、
        意外にきれいな花はドライフラワーにもなります。
         
         
        花言葉は気立ての良さだとか。

         
        空き地に自生していることもありますので、見つけられたら「これか!」と思ってくださると嬉しいです。


        『Heilkraft aus Heilpflanzen』より
        posted by: Hasensprung | 植物 | 16:33 | comments(0) | - |
        ニシキウツギの花
        0
          きれいな花を見かけて、これは以前ブログにも書いたことのある花だ!と思ったのですが、
          花の名前を思い出すことができず…。
          学名はドイツの学者が由来だということは覚えていました。
          (だからこそ記事を書いたのですが…)
          見返してみてようやく、ああ〜、と思うことができました。

          昔の記事はこちら⇒ ニシキウツギの花

          ニシキウツギ

          ニシキウツギ



          お花つながりで、こちらはキウイの花です。
          キウイの花
          あのフルーツのキウイです。
          ドイツ語では、KiwiとかKiwifruchtで、発音は「キヴィ」です。
          キウイをそのまま小さくしたようなコロコロした実がなる木が
          ドイツの友人宅の庭に植わっていました。
          味はそのままキウイでした。

          花のきれいな季節になりましたね。

           
          posted by: Hasensprung | 植物 | 00:38 | comments(0) | - |
          Magnolie/木蓮
          0
            ドイツの友人が、花の写真を送ってくれました。

            Magnolien

            木蓮の花/Magnolienblüteです。
            外側がうっすらと紅色を帯びているので、「外紅白木蓮」でしょうか。

            Magnolien



            こちらは、私の住んでいる近くの木蓮です。

            白木蓮

            撮影は、3月26日。
            今はもう、見ごろは終わってしまいました。

            偶然、同じ花の写真を撮っていたことがちょっとうれしく感じました。
            季節も想像できるし、ドイツにも同じ花が咲いているんだなぁ、と思えるし。。


            メールには、
            Leider ist die Blüte nur sehr kurz und dauern lediglich ca. zwei Wochen.
            Aber die Kirschblüte ist ja auch nur kurzweilig zu bewundern.
            と書かれていました。
            花が咲いている期間が短くて、2週間ほど。
            でも桜もそうだよね、と。

            皆様のお近く、桜はいかがですか?
            もう楽しまれた方も、これからの方も…、
            花を見ることで、季節を感じられる素晴らしさを楽しんでくださいね。


            アシャッフェンブルクAschaffenburgの公園での写真だそうです。

            アシャッフェンブルクは このあたり。
            aschaffenburg

            バイエルン州に属している街ですが、地理的には、州の端っこ、隣はもうヘッセン州です。

            街の紹介は、また後日に…。
            posted by: | 植物 | 01:15 | comments(0) | - |
            二色空木 ニシキウツギの花
            0
              色々な花が目を楽しませてくれる季節になりました。
              近所を散歩していて、目にとまった花、ニシキウツギ。
              ニシキウツギ

              漢字で書くと二色空木
              学名はWeigela decora
              この学名にある"Weigela"は、18世紀のドイツの科学者「Weigelヴァイゲルさん」からきているとのこと。
              Weigelさん?ということで、ドイツのサイトを調べてみました。

              Weigel(写真はWikipediaより)
              Christian Ehrenfried Weigel(1748〜1831)

              1748年ドイツ北部の Stralsundシュトラールズント生まれ
              化学・薬理学・植物学・鉱物学を修め、大学でも教鞭をとっていました。
              1806年に貴族の称号を受け、名前にvonがつきました。(
              Christian Ehrenfried von Weigelに)
              1808年には、スウェーデン王室の侍医になっています。
              (医学も修めていたのですね)


              ドイツ人に名前にvonがつくと、おぉ〜!という感じがします。
              オランダ人の名前にはよく、似ているvanがついていますが、
              これも同じような意味があるのか・・・、ご存知の方がいたら教えてください。
              (ゴッホもそうですが、オランダ人サッカー選手もvanだらけですよね)

              Weigeladecora
              近所の花から、一気にドイツの18世紀の方の話になりました。
              posted by: | 植物 | 22:19 | comments(0) | - |
              キュウリパック
              0
                前回のキュウリにひきつづき、今回もキュウリつながりの話題です。

                キュウリ入りパック

                こちらはドイツのドラッグストアでみつけたパックです。
                FEUCHTIGKEITSMASKE mit Gurkeとあり、直訳すると
                水分補給マスクキュウリ入りとなります。
                アロエ成分も入っており、何だかとても効きそうじゃないですか(^^*)
                でもパッケージに描かれているのはさすがにキュウリではなく、アロエの絵。

                使い方も、洗顔後のきれいな肌にのばし、10−15分置いてその後ふき取りぬるま湯で流すだけ、という普通な感じ。
                2006年にドイツに行った時、このメーカーの化粧水を見つけました。
                その化粧水もキュウリ入り、うっすらと、ちょっぴり青くさいような新鮮なキュウリの香りがしました。
                昨年再びドイツで探したのですが、同じものは見つかりませんでした。。あまり売れなかったのかな。。。
                代わりに見つけたのがこのマスクでした。

                ハンドクリームでも有名なメーカーなので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
                女性向けばかりでなく、男性向けのシャワージェルや髭剃りジェルなどもでているようです。

                アロエとか、オリーブとか、日本でもよく使われているもの以外にも、キュウリをはじめ、アプリコットやココナツ、ラベンダーなど色々なものが使われている物が見つかり、テューテ探し以外にも、向こうのドラッグストアまわりには楽しいことがたくさんです。

                せっかくなので、キュウリ入り化粧水検索したところ、見つかりました。
                Gesichtswasser
                化粧水はドイツ語でGesichtswasser 、直訳すると顔水。
                分かりやすいですね。
                posted by: | 植物 | 14:05 | comments(0) | - |
                ドイツのキュウリ
                0
                  去年、ドイツに行った時に買った、キュウリの種。
                  ドイツキュウリの種
                  写真を見ると、ちょっと太めで長さもそんなにないので、あれかな…と見当をつけました。
                  名前は「Einlegegurken」。
                  Gurkenがキュウリという意味で、einlegenを後に辞書で調べると、
                  塩漬けにするという意味もあり、予想通りピクルス用キュウリでした。
                  うまく実がなったとして、さて、ピクルスをうまく漬けることが出来るかどうかという不安も
                  頭をよぎりましたが、日本では手に入らない種なので購入の決定はすぐでした。

                  そして・・・、年が明け、春になり、いよいよ出番がやってきました。
                  待望のAussaat/種まきです。種の入った袋を見ると、種まきを表す緑のラインが、
                  M(3月)の終わりからJ(6月)の終わりまでひかれています。
                  ちょっと温かくなってきた4月の半ばくらいに、ポリポットに種を蒔きました。
                  しばらくベランダで面倒をみて、5月の連休明けに畑に定植。
                  日本の気候に合わないのか、日本で買った苗に比べると、小さくて細くて、色も薄めで何だか元気がなさそうな様子で心配でした。。。
                  が、最近ちょっとずつ大きくなってきて、今日ようやく5cmくらいになった実を見つけました。
                  ドイツキュウリちょっと感動しました。

                  種の袋の裏に書いてある説明をもうちょっときちんと読みながら、
                  たくさん収穫できるように頑張りたいと思います。

                  posted by: | 植物 | 01:25 | comments(0) | - |
                  オレガノ
                  0
                    市から借りている畑の隅に、去年からハーブ類を地植えにしています。
                    春になり温かくなってきたので、かれらは目を見張るような成長をしています。
                    特にすごいのが、オレガノです。じゅうたんのように広がってきました。
                    オレガノは、南ヨーロッパ原産・シソ科の多年草で、学名は「Origanum vulgare」
                    ドイツ語ではそのまま「Oregano」です。
                    オレガノ

                    オレガノティーには整腸作用があり、下痢などの時に飲むといいようです。
                    また、歯が痛い時や喉が痛い時にうがいをすることで、その炎症を抑えることができ、
                    咳が出るときは、オレガノティーの蒸気を吸うと、症状が緩和されるということです。

                    ドイツで薬草学というと、ヒルデガルトという12世紀のドイツ人女性の名前が挙げられます。
                    ドイツで最初の女医・病院長でもあった彼女は、ライン河畔のビンゲンという街に生まれました。対岸のリューデスハイムの近くには、彼女を記念する僧院があります。
                    St.Hildegard

                    次回はこの僧院の写真など紹介したいと思います。


                    posted by: | 植物 | 02:11 | comments(0) | - |