スポンサーサイト

  • 2020.06.20 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    昔のテューテが話題に!?

    • 2020.06.20 Saturday
    • 18:19

    レジ袋有料化が来月から始まるということで、

    「エコバッグ」「マイバッグ」が話題として取り上げられることも多くなってきたような気がします。

     

    先日、ものすごく昔のテューテに関しての問い合わせがありました、

    その後、ネットのニュースで、モデルもされている女優さんがインスタグラムに、

    ご自身の「エコバックコレクション」をアップされていたのを知りました。

    アップされていた3種類のうち、2つがドイツのものでした!

     

    お問い合わせいただいたものは、そのうちの1つ、

    見覚えのあるデザイン、仕入れももうかなり昔のものです。
     

     

     

    別のブログにのせていた記事を見ると、もう10年も前でした。

    彼女は一体どこで手に入れたのだろう。。。

     

    その後も何度か同じ店舗からの仕入れがあったのですが、

    デザインが色々と変わり、

     

    現在も変化を続けているようです。

    (友達からお下がりもらってました)

     

    彼女のインスタに、

    「最近可愛いエコバックを少しずつ集めて気分によって変えてます」と書かれていて、

    とてもかわいらしいな、と思いました。

    あっ、私もそれ、やってるよなー、とちょっと先輩風を吹かせたくもなりました。

     

    これからマイバッグを探される方は、お気に入りの1枚を見つけられるといいですね。

     

    JUGEMテーマ:エコバッグ

    7/1*レジ袋有料化

    • 2020.06.01 Monday
    • 13:07

    6月になりましたね。

    そろそろ梅雨、紫陽花もきれいな季節になりました。

    今、少々窮屈な、閉塞感もありますが、健康に気をつけて頑張っていければなと思います。

     

    「レジ袋有料化」

    しばらく前から、目にしたり耳にしたりすることが多くなったこの言葉、

    分かったようなつもりでさらっと流していましたが、

    「エコバッグ」を扱っているものとして、きちんと理解しなくてはいけないと思い、

    経済産業省・環境省・外務省・地方自治体のサイトなどを見ながら、少しまとめてみました。

     

    2020年7月1日よりレジ袋有料化がスタートします。

     

    今の時点で、もうすでにレジ袋が有料化されているお店もありますが、

    7/1からは、小売業を営む全ての事業者が対象、全国一律で義務化されます。

    今まで無料でもらえていたレジ袋には、必ず1円以上価格がつけられることになります。

     

    ウミガメがプラスチックを口に入れていたりするちょっとギョッとする写真など、ときどき見かけますよね。

    毎年約800万トン(この値は学術誌サイエンスによる2010年のデータが基)もの廃プラスチックが海に流れ込んでいて、このままのペースだと、2050年までには120億トン以上のプラスチックが廃棄されることになると考えられられているそうです。その頃には、海洋中のプラスチックの量が海の生き物の数を上回り、生態系破壊や人体への健康被害など、様々な影響が出るのでは、と危惧されています。

     

    海洋プラスチック問題は、2010年代に入りG7サミットやG20サミットなどでは都度取り上げられていて、2018年にカナダで開かれたG7シャルルボワサミットでは「海洋プラスチック憲章」が主要先進国により承認されています。

    2019年のG20大阪サミットでは、2050年までに海洋に流出するプラスチックごみをゼロにするという「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」が発表されています。

    その1か月前にも「プラスチック資源循環戦略」を環境省が打ち出しています。

     

     

     

     

    こうした、世界共通の認識のもと、例えば

    ・コーヒーショップでは、プラスチックストローの使用を廃止し、紙または再生可能プラスチックを使った代替ストローを提供、

    ・ファストフード店では、プラスチックストローの使用を廃止して紙ストローに切り替えたり、すべての包装紙をリサイクル可能な資源に切替え、

    ・ファミリーレストランでは、プラスチック製ストローの廃止を決定

    ・衣料品メーカーでは、買い物袋をプラスチック製から紙製に切替え、さらに有料化の決定

    など、様々な分野ですでに取り組みがなされています。

     

    「環境保全」は、オリンピック・パラリンピック開催にあたって掲げられている理念の1つにもあり、今度のこのレジ袋の有料化のタイミングは、今年の夏開催予定だった東京五輪に合わせたものだったのかもしれません。

    レジ袋を有料化するだけでは、プラスチックごみの削減にはつながらないとはいわれていますし、そういうデータも出てはいるようですが、まず身近なものから環境を考える、そのまず第一歩として、レジ袋有料化の流れとなったのでしょう。

    レジ袋の消費量世界第2位の日本ですが、今後、この順位も変わっていくのだと思います。

     

    エコバッグをお探しの際には、是非ご覧ください。

    ↓↓↓

     

    JUGEMテーマ:エコバッグ

    スーパーPlusのテューテ

    • 2020.02.20 Thursday
    • 11:13

    ドイツに約3,000店舗あったスーパー、Plus、プルス。

    Plima Leben und Saren の略で、「素敵な生活と節約」という意味のドイツ語の頭文字でした。

    2010年にこのスーパーなくなってしまい、NettoやEDEKAというスーパーに引き継がれました。

     

    このスーパーのテューテ、けっこう人気がありました。

    ちょっと厚手で、強度より強めといった感じで使い勝手がとてもよかったです。

     

    デザインも、店舗によって、時期によって、いくつか種類がありましたが、

    見れば、どれも「あ、これはPlusのだ」と分かります。

     

     

    表にも裏にもプリントがあります。


    描かれている数字も愛らしく、とても印象的でした。

    コストパフォーマンスもよいスーパーで、数字はそれを表していたのだと思います。

    (私がテューテを入手して使っていたころは、ドイツの通貨単位はマルクでした。数字を見ていると、これはユーロではないんだよなぁ、なんて暫し昔に思いを馳せてしまったり…)

     

    エコのシンボル、カエルとカメのデザインがプリントされたものもあります。

    これは KAISER'S というスーパーのテューテにも使われている共通のモチーフ。
    カエルとカメはきれいな環境の下でしか生きていけないといわれている生き物です。

     

    先日、お客様とやり取りさせていただいている時に、このPlusのテューテを愛用されていたというお話を伺いました。

    そういえば、私も使ってたよなぁ、いくつか種類もあったよなぁ、と

    押入れをガサゴソしたり、昔の写真フォルダを覗いたり、楽しい時間を過ごせました。

     

    テューテそのものの写真以外にも、この「テューテを持つ人」の写真も見つけました。

    もっと探せば、このテューテを持つ人、もっと見つかるような気もします。

    あればまた別の機会に…。

     

    JUGEMテーマ:エコバッグ

    クリスマスが近づく…

    • 2019.12.05 Thursday
    • 09:34

    師走に入り、街中もクリスマスの雰囲気が一層濃くなってきましたね。

    ドイツの各地でも、クリスマス市が始まり、にぎわっているようです。

     

    関連記事を見ていたら、こんな表現!?といったものがありました。

    それは

    Es weihnachtet. という2単語の文です。

     

    「クリスマス」をドイツ語で「Weihnachten」といいますが、

    これは名詞、

    みかけた文では、その「クリスマス」が動詞で使われていたのです!

     

    辞書を見てみると、ありました。

     

    Es weihnachtet.で、

    「クリスマスが近づく」「クリスマスらしい雰囲気が漂う」

    といった意味でした。(赤でラインをひいた部分です)

     

    名詞「Weihnachten」の部分も、じっくり見てみると、

    目からウロコなこともたくさん…。

    女性名詞だと思っていたら(-enで終わる単語は女性名詞のことが多いので)

    実は中性名詞だった、

    とか、

    ホワイトクリスマス(weisse Weihnschten)に対応する、雪のないクリスマスのことを

    緑のクリスマス(grüne Weihnachten) と表現することとか…。

    楽しいですね。

     

    形容詞の語尾の活用が、中性名詞に対するそれではないのは、

    辞書中の説明にある「成句では複数扱いのことがあり…」という理由からだと思われますが…

    地方によって、表現や冠詞の扱いなど異なるので、より一層複雑です…。

    単語1つとっても本当に奥が深いですね。

     

    Weinhachten steht vor der Tür.

    クリスマスがドアの前に立っている⇒クリスマスがすぐそこまで来ている

    これは、動詞が単数としての活用になってますね…

    ややこしい…

     

    無人島に何か1つ持っていくならやっぱり辞書ですかね。

     

    よいクリスマスを!

     

    JUGEMテーマ:エコバッグ

    ビール関連商品セール中!

    • 2019.09.26 Thursday
    • 06:14

    ドイツ、ミュンヘンにて始まる、世界最大のビール祭りオクトバーフェスト開催に合わせ、
    期間中10/6まで、オクトバーフェストフェアを開催しております。

     


    期間中は、「ビール関連」の商品が割引価格にてお求めいただけます。

    ショップページ左下にあるカテゴリー「🍺🍺ビール関連🍺🍺」内の商品が、

    フェア価格となってます。
     

    10/6まで、どうぞお買い物をお楽しみください。

     

    JUGEMテーマ:エコバッグ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM