PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
タグふれんず

Gefallener Engel

テューテの紹介や買い付けエピソード、
ドイツについてのあれこれなど
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    色とりどり不織布アップしました
    0

      しばらく眠っていた、色とりどり不織布テューテアップいたしました。

       

       

      新緑の季節ですね、

      目が覚めるようなきれいな黄緑色のものもございます。

       

      こちらは、5月上旬のハナミズキの新緑です。

       

      ハナミズキ、ドイツ語ではHartriegelといいます。

      hartは硬い、Riegelは梁など木を表す言葉です。

      その硬い木質から付けられた名前のようです。

      (英語ではdogwood、このdogはイヌではなく、木製の串を意味する英古語のdagから変化したもののようです)

      2つの言葉しか調べていませんが、言葉的には「硬い木」という意味からの名詞になりますね。

       

      ハナミズキの花は「 Blüten-Hartriegel 」といい、頭に付くBlütenはまさに「花」の意味です。

      ちょっと脱線しました。

       

      奄美地方は梅雨入りしたようですね。

      これからのこのシーズン、濡れにくい不織布が重宝するかもしれません。

      どうぞよろしくお願いします。

       

       

      | - | 11:45 | comments(0) | - |
      私物のテューテ整理
      0

        JUGEMテーマ:エコバッグ

         

        買い物に行くときだけでなく、出かけるときにはいつもテューテ、

        その日の気分で選んだり、楽しく使っていますが、

        数もすごく、収拾がつかなくなってきました。

         

        1枚1枚検品!し、ちょっと汚れがあるものは洗う、

        ほつれそうな部分があれば補修…

        ・・・と分けました。

         

        洗ったものは、そのまま干すと乾いた時には確実にしわくちゃので、

        洗濯機から出したてをそのまま即アイロン。

        テューテによっては裏返しにしてアイロンがけをします。

         

        水色の、ご当地テューテNeussのものをひっくり返すと…

        おお!これは珍しい。

        何がめずらしいかと言うと、底にも縫い目があるのです。

         

        ほとんどが、1枚の長細い生地を折って両脇を縫って袋にする、というパターンです。

         

        奥の2枚、生成りと茶色のがオーソドックスタイプ。

         

         

        脇の縫い方も、テューテによっていろいろ。

        端ミシンがきっちりされているものもあれば、切りっぱなしのものもあります。

         

        持ち手はほぼ、バッテンのクロス縫いのため非常に丈夫です。

         

        今回整理していると、こんなものもありました。

         

        かなりヘビーに使いこんだので、持ち手がボロボロ。

        でも縫い付けている部分はしっかりしたままです。

         

        代わりのテューテはいくらでもあるのですが、捨てられず…。

        持ち手を付け替えて、テューテ本体がだめになるまで使ってみようかな、と考えています。

         

         

        | ドイツのテューテ | 19:07 | comments(0) | - |
        テューテ干し中
        0

          師走に入り、あっという間にもう半ば、

          ずいぶんと冷え込んできましたね。

           

          先日、クリスマスのイベントが1つ終了し、

          商品サンプルとして使っていたテューテを日に当てています。

          (あまり当てると色あせしてしまうかもなので、サッと干す程度に)

           

          傷みはないかチェックして、大丈夫そうなら、また次回のイベントのサンプルに使います。

          在庫が残り少なくなったもののサンプル、もう使用することがないと判断したら、

          はい、自分のものになります(使います)…。

           

          すでにもうかなりたくさんあるのですが、

          その日の気分や服の色に合わせて使おうと思います。

           

          | | 10:03 | comments(0) | - |
          Apoldaの鐘
          0

            今、ドイツより入荷したミニトラックたちを検品しています。

            ミニトラックは、主にイベント用に入れていますので、ショップではなかなかご紹介できないのですが…。

             

            たくさんある中で、目に留まったものがありました。

            それが、こちらです。

             

            台紙の真ん中にドンと鐘があります。その横にはApoldaの文字が。

             

            以前「アウトバーンの看板」で取り上げたことがある、アポルダのものです。

            →  鐘の街 アポルダ/Apolda

             

            このミニトラックは、アポルダにあるビール醸造所の宣伝トラックです。

            2017年で創業130年を迎えた歴史ある醸造所です。

            Apoldaer Glockenpils・Apoldaer Glocken Hell など、

            HPを見てみると、ビールの銘柄にも「鐘」の言葉が使われています。

            「Glocken/鐘」を醸造してきたという歴史ある街への誇りがうかがえます。

             

            この街は、「犬のサラブレッド」ドーベルマンの生みの親、

            カール・フリードリヒ・ルイス・ドーベルマン/Karl Friedrich Louis Dobermann (1834 - 1894) の生まれた地でもあり

            知る人ぞ知る街でもあります。

            写真はWikipediaより

            | 雑貨 | 06:18 | comments(0) | - |
            ひどい暑さ
            0

              暑い日々が続いていますね。

              よい夏をお過ごしでしょうか。

              このたびの、平成30年7月豪雨で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

               

              ドイツでも30度を超える暑い日々が続いているようです。

              スイスでも暑さ厳しく、植物への毎日の水やりが欠かせないと友人が言っていました。

              湿気がない分、日本の夏よりは過ごしやすいかな…とは思いますが

              乾燥しすぎ、というのも大変ですね。

               

              ひどい暑さ、というのを表す単語に[Affenhitze]という単語があります。

              [Affe]は「サル」なのでサル暑い、と訳することもできそうですが…。

              このaffe、名詞や形容詞の頭につくと、ひどいとかすごい、という意味が加わるようです。

               

              例えば、「若い」を表す[jung]につけた[affenjung]、ひどく若い、とか青二才、といった意味に、

              他にも「大騒ぎ」を意味する[Spektakel]につけると、大騒動、とかひどい混雑、

              「速度」を表す[Tempo]につくと、すごいスピード[Affentempo]といった意味になります。

               

              ブタ[Schwein]とコラボすると、すごい幸せ[Affenschwein]を意味するようになります。

              (ブタは、ヨーロッパでは幸運の象徴です)

               

              意味の付加、という話からずれますが、

              Affeを使った表現におもしろいものがあるので少し。

              「酔い」という意味もあるようで、

              einen Affen haben(サルを持つ)で、「ひどく酔っている」

              mit Affen nach Hause kommen(サルと家に帰る)で、「酒に酔って帰宅する」 となります。

               


              (写真は、スイス・バーデンにある家の壁)

               

              よい夏をお過ごしください。
              | ドイツ語 | 13:11 | comments(0) | - |
              PR
              SEARCH THIS SITE.
              MOBILE
              qrcode
              RECOMMEND
              OTHERS